交通事故が発生したら

毎年多くの交通事故が発生しています。
ほとんどの人が、自分が交通事故を起こすわけがない、遭うわけがないと思っていると思いますが、交通事故はいつどこで起こるか分かりません。
あなたも交通事故に当事者に絶対にならないという保障はないのです。

自信があっても、ちょっとした事で交通事故は起こるものです。
また、相手の不注意で交通事故に巻き込まれることだってあります。
ですから、自分もいつ交通事故に遭うか分からないという事を認識し、交通事故が起こった時にどうすれば良いか、その知識を頭に入れておきましょう。

交通事故が発生すると、誰もが交通事故に慣れていませんから、気が動転して何をすれば良いのか分からなくなります。
ましてや、交通事故が起こった時のマニュアルを知らない人は、慌てるだけで、何をすべきかということを考えるゆとりは恐らく持つことができないでしょう。

交通事故は、何と言っても発生時の対応が大事です。
発生時にもかかわらず、落ち着いた判断ができたおかげで、被害者の命が助かったり、二次災害が防げたりすることもあります。
また、マニュアルに従って行動したおかげで、警察の実況検分がスムーズに行え、正しい過失割合を判断するのに役立ったというケースもあります。
つまり、発生時にどう対応したかで、その後の自身の待遇が決まってくるわけです。
当サイトでは、交通事故が発生した時にどのように対応するべきか、加害者と被害者に分けてまとめています。
万が一に備えて、是非、一読しておいてください。



■管理人特選サイト
交通事故のことを弁護士に無料で相談出来る交通事故専門弁護士のサイトです > 交通事故 弁護士